最近注目されているファクタリングと手数料の関係もう一度みてみよう


ファクタリングの高コストな面がより分かる

ここでは、ファクタリングの手数料に関する注意点を中心にまとめています。ファクタリングは手形が引き合いに出されるので、相対的にみればメリットが大きい決済手段であることは誰が見ても分かります。ただ、一般的には手数料が高い取引手段であることには違いないはずです。

 

 

記事では、その部分をあえてピックアップしていますので、ファクタリングの高コストな面がいつもより強調して伝わっていると思います。

 

 

ファクタリングの買取手数料(金利)は月単位で表示されてといることが多い

 

最近では、手形に変わりファクタリングを導入している事業者が増えているのが分かります。そんな中、ほかのぺージでも書きましたが、ファクタリングの買取手数料はやや高めです。

 

 

買取手数料というのは、その債権から買取金額を差し引いた額のことです。売掛債権が100とすると、90%〜65%までぐらいがおおよその買取金額ですから、手数料は10%〜35%とられていることになります。

 

 

ただ、ファクタリングの場合、この手数料を月平均で均して表示している場合もあり、その場合は低いほうで1%程度、高いほうで3%程度となります。ただ、ファクタリングの手数料はそれほど低くはありませんので、見慣れていない方は注意しなければなりません。

 

 

ただ、審査によって、買取手数料で3割もとられてしまう債権もあるのはショックですが、手形取引の場合は、それ以外に差し引かれる経費もありますし、取引先が不渡りを出した場合、割引で使った金額をわざわざ買い戻さなくてはなりません。ですから、手形で代金を受け取るのなら、ファクタリングでもらったほうがマシという方はやはり多いのです。

 

 

ファクタリングは買取を継続する限り手数料負担は減らない

 

つぎに融資との比較です。じつは、融資との手数料(金利)比較でみると、融資のほうが手数料は安いことが分かっているのですが、時間の流れの中で比べた場合も融資の方が手数料(金利)は下るということを、一応検証してみます。

 

 

おわかりの方は、もう気づいているとは思いますが、融資と支払利息の関係は、返済が進んでいけば、新たな融資を受けない限り、減少していきます。いっぽう、ファクタリングは買取を継続する限り、買取金額に比例して手数料が掛かります。ファクタリングを利用し続ければ、手数料負担は減ることはないのです。

 

 

融資は継続して利用するものではありませんが、ファクタリングは、特殊な例を除き、継続利用するものです。そのなかで取引先の信用度が当初より少しでも上がれば、手数料負担は減少します。そのため、メインの取引先の信用度はまめにチェックすることが、経費削減につながります。

 

 

ファクタリングには決まった手数料レート(手数料料率)はあるか

 

最後に、ファクタリングにはとくに決まった手数料レートは存在するのでしょうか。これは、FAQでもかならず登場する質問です。

 

 

ファクタリングは企業のランクごとに、このランクなら手数料はいくらと言うような決まったレートはありません。もちろん、このクラスの株式上場企業なら手数料レートは大体いくらかは出てきますが、だからと言って、どの企業も手数料率で区分けしてはいないと言うことです。

 

 

たとえば、一部上場を果たしている企業でも信用度を崩している会社は多いことはみなさんもよくわかっていますよね。ファクタリングは売掛債権ごとに、売掛先の規模・業況、債権金額、支払いサイト、諸費用等を総合的に勘案します。その審査結果で、手数料が決まります。結構シビアに審査することになります。

 

 

これは、ファクターが、万一取引先が倒産した場合は、そのリスクも背負わなければいけません。ファクタリングは、その倒産リスクも加味しており、そのため手数料は高めになる場合もあると言うことです。

最近注目されているファクタリングと手数料の関係もう一度みてみよう 最近注目されているファクタリングと手数料の関係もう一度みてみよう



最近注目されているファクタリングと手数料の関係もう一度みてみよう 最近注目されているファクタリングと手数料の関係もう一度みてみよう