ファクタリングの割引方式 【一括割引方式】【個別割引方式】とは


「一括割引方式」と「個別割引方式」

ここでは、ファクタリングの2種類ある割引方式、「一括割引方式」と「個別割引方式」について解説しています。このふたつは、自由に変えられますので、使っていくなかで、自分の会社に合った方式を見つけていくことになります。

 

 

ファクタリングという資金調達方法が注目されている

 

従来、企業間の決済手段には多くの場合手形を用いてきました。しかし手形取引は、印紙税負担がかさみ、手形発行・管理等の事務作業も非常に煩雑です。このような手形を削減していく考えは年々強まるばかりでしたが、近年、手形に代わる企業間の決済手段として、ファクタリングが注目されてきています。

 

 

ファクタリングは、企業の資金調達方法としても注目を集めています。ファクタリングで資金化するには、まず売掛債権をファクター(ファクタリング会社)に譲渡します。そしてファクターはその債権の対価を現金化し企業の指定口座に振り込むだけです。

 

 

ファクタリングは債権譲渡をしますから、当該企業は売掛先の企業にファクターに債権を譲渡する旨をを証書で通知・承諾をしなければなりません。ただ、通常は売掛先の企業が、ファクタリングを導入し移行することを、取引のある下請会社に伝えます。つまり売掛先主導でファクタリングを導入すれば、債権譲渡の通知・承諾は思っているほど手間ではありません。

 

 

そして、納入元、仕入れ先は、ファクタリングの契約をファクターと締結し、ファクタリング代金が納入元の企業に支払われることになります(仕入れ先の支払いサイトはファクタリングを導入しても、とくに変える必要はありません)。

 

 

「一括割引方式」と「個別割引方式」とはどのような割引か

 

ファクタリング代金の支払いは、債権期日に支払う方法と、期日前に支払う方法に分かれますが、債権期日前に支払う方法は、「一括割引方式」と「個別割引方式」という2種類の割引方式に分かれます。それぞれ、どういう割引方法かをまとめてみましょう。

 

 

【一括割引方式】

 

一括割引方式とは、従来の手形振出日である譲渡承諾日か、あらかじめファクタリング会社が指定した日に、債権金額の全額を割引します。事前に「一括割引登録申込書」など書面で一括方式を選択してください。毎月自動的に資金化できるので便利です。なお割引率は低めです。

 

 

【個別割引方式】

 

個別割引方式とは、売掛先の企業への請求額が発生するたびに、割引入金できる日を都度選択する方式です。金額は債権額の一部または全額で、所定の「売渡債権代金支払請求書」または「割引申込書」に、一部または全額を記入しファックス送付します。日付はファクタリング会社が指定した日から選んで決めるのが一般的。割引率は高めです。

 

 

どちらを選んでも割引されることは変わりませんが、「一括割引方式」は「個別割引方式」に比べると割引率は抑えられます。ただ、「個別割引方式」は、資金調達ニーズに応じて自由に金額や入金日を決められます。よって、無駄な割引をせずに資金を活用できる点で「個別割引方式」のほうがメリットがあります。

 

 

どちらの方式にするかは自由に変えられるので、最終的に合う方を試して決めれば良いでしょう。

 

 

決まった割引料率ってある?

 

ここで気になるのが割引料率です。実際、ファクターにもよくこの質問が寄せられるのですが、ファクタリングには固定の割引料率のようなものが存在するのでしょうか。

 

 

これは資金化・現金化の方法によって異なりますし、割引日数(割引日〜回収日までの日数)によっても違います。さらに言うと、債権の掛け目も取引先に信用度などで変わっていきます。つまり、最終的にはファクターの審査によるのです。

 

 

ちなみに、債権自体の掛け目が高く出るのが、身近なところで言うと診療報酬債権です。債務者である「社会保険診療報酬支払基金」「国民健康保険団体連合会」は国の機関ですから、まず潰れる心配はありません。したがって掛け目も80%?90%と高いです。さらに、支払いサイトも2ヶ月ときっちり決まっています。ファクタリングにかける意味もほとんどないと言えるのが診療報酬債権です。

ファクタリングの割引方式 【一括割引方式】【個別割引方式】とは ファクタリングの割引方式 【一括割引方式】【個別割引方式】とは



ファクタリングの割引方式 【一括割引方式】【個別割引方式】とは ファクタリングの割引方式 【一括割引方式】【個別割引方式】とは