「事業ローンの審査が通らない」場合はどうしたらいい?


「事業ローンの審査が通らない」「運転資金ローンの審査が通らない」という場合の対処法

ここでは「事業ローンの審査が通らない」「運転資金ローンの審査が通らない」という場合の対処法についてまとめています。

 

 

当然ながらファクタリングが使えるケースというのは限定的ですので、ファクタリングを活用したアイデアは別のサイトに譲りたいと思います。それよりここでは、カードローンの頼み方、クレジットカードをつくる時期について書いてみたいと思います。

 

 

「事業ローンの審査が通らない」などの対処法はある?

 

「事業ローンの審査が通らない」「運転資金ローンの審査が通らない」などの場合、何かというとファクタリングを推すウェブサイトが目立つということは、すでに書きました。しかし、事業ローンもいろいろあって、これから入金予定の債権がある場合は、それを窓口できちんと伝えることで、案外たやすく融資を受けられる場合があります。

 

 

「事業ローンの審査が通らない」「運転資金ローンの審査が通らない」ということは、それをすでにやっていることだと思いますが、ウェブの簡単な審査で通らない・断られたという場合は再度申し込みしてみましょう(直接窓口で相談してみることが大事)。

 

 

ただし、短期間に申し込み件数が多いと「申し込みブラック」と判断されてしまうので注意することと、断られた理由が、個人の信用情報に延滞やその他の事故歴がある場合は、どんなことがあっても融資は拒絶されます。その場合は残念ですが、素直に諦めるしかありません。

 

 

信用が崩れていないうちにカードなどはつくっておく

 

自信がある人はやらないかも知れませんが、クレジットカードやカードローンは、自分や会社が元気なうちに余裕を持ってつくっておくのが正解です。そして、良好なクレジットヒストリーを形成しなければなりませんので、クレジットカードはたまに使うようにします。

 

 

そしてある程度利用限度額が上がってきたら、無理にカードは使わなくても良いでしょう。もちろん、カードを使うことに妙な利得性を見いだしている方は、大いに使って下さい(私自身はカードが好きではないのでそれほど使いませんが...)。

 

 

ただ注意して欲しいことは、引き去り口座の残高です(手形の当座預金と同じです)。万一不足していればそれがその都度信用情報に記載されてしまいます。馬鹿らしいので私は使いませんが、使っている方は注意してください。(また、これも馬鹿らしいのでリボ払いは絶対にしないことです)

 

 

話を戻しますと、カード類をつくるのは自分の信用度にキズが付いていない元気なうちに済ませておくということです。危なくなってからでは、ほとんどの場合、カードはつくれません。あせって申し込むと「申し込みブラック」を食らうだけです。

 

 

仕事の分野は違っても

 

仕事に関しては、それぞれ関わっている業界も違い、一律にはお話できませんが、せめて仕事を好きでい続ければ、取引先から喜ばれ、信頼される業者として存在できるのではないでしょうか。ほかにも有効な方法はありそうですが、個人的にはできるだけそうありたいと思っています。

 

 

たとえば、自分の仕事をみて、まだ改善できる余地が残されているなら、それについての技術を磨いてみるというのは大変有効な方法です。ある程度のところまでは、技術の習得にみなさん賢明なのですが、その先は感性だとかと言い出すわけです。しかし、少しでも人よりまだ技術を伸ばす余地があれば、諦めずやってみることです。そういう努力を惜しまない会社は、おそらく食えなくなることにはならないと思います。

 

 

高い技術は人を感動させます。たとえば、この人の歌なら、最低一回は泣いてしまうと言う人の歌は、人の心にきちんと届く歌い方(技術)を高いレベルで習得しています。おそらく、ヒットには恵まれなくても、その人は歌だけで食べていけるはずです。

 

 

下請とは言え、技術がものを言う分野は多いと思います。更なる高みを目指して欲しいと思います。

「事業ローンの審査が通らない」場合はどうしたらいい? 「事業ローンの審査が通らない」場合はどうしたらいい?



「事業ローンの審査が通らない」場合はどうしたらいい? 「事業ローンの審査が通らない」場合はどうしたらいい?