ファクタリング会社を選ぶ際、注意するべき落とし穴、問題点は?


ファクタリングを安全に活用していただくために

ここでは、ファクタリングを採用する場合に注意すべき危険性、落とし穴、問題点についてまとめてみました。

 

 

はじめは、使う予定のファクターが所謂ウィズリコースのファクターだったらというケースです。リコース型のファクターは実際少ないですが、とても重要なところですから参考にしてください。

 

ウィズリコースのタイプのファクターが持つ落とし穴

 

ファクターを選ぶ際、注意しなければならないのは、ファクターがノンリコース(ウィズアウトリコースとも言う)かウィズリコースかという違いです。ノンリコースは「償還請求権」がないという意味で、売上債権先が決済期日に支払不能に陥った場合、ファクターが貸倒リスクを背負う方式です。

 

 

反対に、ウィズリコースは「償還請求権」があるという意味で、売掛金が決済されなかった場合は、買取額と同額で買い戻すことに同意させられ契約を締結しています。 ちなみにこのサイトでは、基本的にノンリコースタイプのファクターを想定して話を進めています。ただ、注意すべき落とし穴として、ウィズリコース型(遡求権有)のファクターもあるというのは覚えておきましょう。

 

 

ファクタリングというのは売掛金の債権を買取っており、こちらは契約して売却しているのですから非遡及なのが普通です。しかし、ファクタリングに参入している会社のなかにはファイナンス会社も少なくありません。そしてこのファイナンス会社がやっているファクタリング業者にウィズリコースタイプのファクターがあるようです。

 

 

ファクタリング先を選択する場合、契約する前に危険性についてはしっかり確認したいところですが、ファイナンス系に限らず、ファクタリング会社がウィズリコース、ノンリコースかは、かならず確認しましょう。

 

 

そもそもファクタリングが一種類しかないと考えるのが問題点

 

なぜこのような誤解が起こるのでしょうか。それは、ファクタリングの知識が少ないこともそうですが、ファクタリングというものが、一種類しかないものと思っているのがそもそもの問題点だと言えます。

 

 

ちなみにファクタリングとは、売掛金を譲渡して資金を得る方法だけと考えているのが普通です。しかし、売掛債権を担保として融資を受けるやり方もあれば、売掛金の代金回収を保証するやり方もあります。

 

 

【ファクタリングの種類】
1)売掛債権を譲渡して資金を得るファクタリング
2)売掛金の代金回収を保証するファクタリング
3)売掛債権を担保として融資を受けるファクタリング

 

 

なお、最初に言った「売掛金を譲渡して資金を得るファクタリング」のことを「一括ファクタリング」「買取ファクタリング」などと言います。2)は保証ファクタリングと呼ばれています。

 

 

3)売掛債権担保融資は短期融資なので、厳密にはファクタリングとは別のものです。
(ただ、3)を使うということは、企業の資金調達に相当詳しいはずなので、ノンリコース・ウィズリコースの違いは理解しているはずです)

 

 

どのタイプのファクタリングが良いかはケース・バイ・ケースなのでしょうが、2)の保証ファクタリングは、ファクターが保証した支払先企業が倒産した場合、企業はあらかじめ決められた保証の範囲内の保証金額を受取れるもので、業界も建設業に限定されます。

 

 

やはり、ファクターが貸倒リスクを全面的に背負う「1)売掛債権を譲渡して資金を得るファクタリング」がいちばん安全でしょう。

 

 

「2社間ファクタリング」の需要はある?

 

ファクター選びで言うのなら、最近では「2社間ファクタリング」と言うやり方もあり、一部で注目を集めています。

 

 

どうして「2社間ファクタリング」が必要なのかというと、売掛先企業は得意先(大手)であるため、先方に知られることなくファクタリングを利用したいというニーズも根強く残っているわけです。そこで、下請とファクターという2社間でファクタリングを組むやり方を考案して、下請主導のファクタリングを提案している会社が増えているのです。

 

 

ただ、このやり方は、多少無理があります。ひとつ言えるのは、これでは完全に売掛先企業の意向を無視したやり方で、発覚した場合は下請の信頼は消えてしまうでしょう。下手すると、下請に対する信用不安はより広がることのなり、取引が全くなくなってしまうことも懸念されます。

 

 

しかも、売掛債権の集金は、ファクターが下請企業に代行させるようです。これでは何のためにファクタリングを導入しているのか分かりません。

 

 

よく見てみると、「2社間ファクタリング」はノンバンク系のファクターが多く採用しており、銀行系のファクターには見られないものです。「2社間ファクタリング」については、しばらく動向を見ないと分からないところがあると思います。

ファクタリング会社を選ぶ際、注意するべき落とし穴、問題点は? ファクタリング会社を選ぶ際、注意するべき落とし穴、問題点は?



ファクタリング会社を選ぶ際、注意するべき落とし穴、問題点は? ファクタリング会社を選ぶ際、注意するべき落とし穴、問題点は?