資金繰りを最適化するファクタリング


日本でもファクタリングのユーザーは増えている

ここではファクタリングの効果を説きながら、反面、ファクタリングの進展を阻む2つの要素について考えてみました。2つの要素には、日本の商習慣の中で、債権譲渡が馴染みにくいということと、悪徳ファクターの存在があると考えます。これらは時間が解決してくれるものと思いますが、いかがでしょうか。 

 

 

資金繰りを最適化するファクタリング

 

ファクタリングは売掛債権を譲渡することによって、取引先の支払期日前でも納めた商品などの代金を早期に資金化できます。

 

 

これまで資金繰りが厳しい時は、つなぎ資金として手形割引を使ってた方も多かったわけですが、手形を銀行に持ち込む手間や、差し引かれる割引コスト、その他諸々を考えると、「働いているのに損ばかりして、何かが間違っている」と感じる方も多かったはずです。

 

 

ファクタリングも基本的には手形割引と同じで、差し引かれる手数料はあるものの、手形よりははるかに安く、印紙代も節約できます。しかも、はじめの契約で振込先も指定できるので、銀行に出向く必要もありません。

 

 

ファクタリングで運転資金にも余裕ができ、資金ショ−トを恐れていた頃とは違い、事業資金を効果的にまわすことに目を向けられるようになったと言う意見も聞かれます。また、ファクタリングを導入されている方に聞くと、何より仕事に専念できるようになったことが大きいと言います。それだけ資金繰りに頭を使っていたと言うことですね。

 

 

「売掛債権を譲渡」そのものがファクタリングの進展を阻んでいる

 

資金繰りに高い効果を示すファクタリングですが、売掛債権を譲渡する(ファクター側が買取る)ことは、どうも日本の商習慣には馴染まないところがあるのか、スムーズに導入出来ているとはまだ言えない状況です。

 

 

売掛先企業は大手が多く、納品元の中小企業からすれば、売掛債権を譲渡しなければならほどお金に困っていると思われるのではないかと、心配する社長もいることでしょう。

 

 

なぜ、日本の中小企業が資金繰りに困るのかと考えれば、売掛先企業の支払いのサイトの長さがそもそもの原因です。ただ、支払いサイトを変えてくれなどとは言っていなくて、こちらで債権譲渡して資金調達するだけのことですから、何も問題はなさそうです。

 

 

でも、そのような自分勝手な態度をとると、社会では自然と仕事をなくしていきます。そうした痛い経験があるから、なかなかこちらから、ファクタリングの導入を切り出せないのでしょう。

 

 

ただ、最近では売掛先から、ファクタリングの導入を指示されることが増えているようです。コストを節約したいと考えている会社なら、債務側であってもファクタリングを使いたいと考えるはずです。状況は少しずつですが、良き方向に変わっているのです。

 

 

過渡期における悪徳業者の存在

 

ファクタリングの導入を阻む要因はまだあります。それは、悪徳業者の存在です。

 

 

1970年代の米国型ファクタリングが導入されたわけですが、日本ではほとんど進展せずバブル期を迎えます。そこで手形の乱発が実体経済以上に進んだことが、日本に手形離れをもたらしました。そして、バブル経済が崩壊してから手形に変わる新たな商取引方法として、ファクタリングが次第に注目されるようになったわけです。

 

 

ただ、物事の入口ということで知識のない人も多く、ファクターのなかには悪徳業者が多く混じっています。銀行には悪徳銀行はありませんから、手形取引にどうしてもこだわる会社が多いのは仕方がないことだと言えます。

 

 

ただ、悪徳ファクターとそうでないファクターの違いは、サイトのテキストを読むだけでもすぐ分かります。しばらくは時間がかかりますが、やがては消えていく存在です。過渡期を過ぎれば、騙されることも少なくなってくるでしょう。

資金繰りを最適化するファクタリング 資金繰りを最適化するファクタリング



資金繰りを最適化するファクタリング 資金繰りを最適化するファクタリング