こんなにも違う!ファクタリングとビジネスローン


ファクタリングとビジネスローンの違いとは

インターネット上のウェブサイトをみていますと、ファクタリングとビジネスローンを同列に捉えて比較しているサイトを多く見かけます。切り口としては面白い比較記事が書けそうですが、ファクタリングとビジネスローンは別なもので、事業を動かしている当事者としては、違和感をぬぐい切れない面があるでしょう。

 

 

ここでも、資金調達の手段として、一応、ファクタリングとビジネスローンをしてみます。そうすることで、ファクタリングとローンの違いが見えてくると考えています。

 

 

ファクタリングとビジネスローンは資金調達したい場面が根本的に違う

 

ファクタリングとビジネスローン。ふたつの決定的な違いは、負債であるかどうかと言うことです。ファクタリングは売掛債権に資産価値がありますから、これをファクターに譲渡し、その対価を得る取引です。ですからローンではありません。

 

 

いっぽう、ビジネスローンはノンバンク、銀行融資に拘わらず、借金です。ただ、ファクタリングもビジネスローンも事業資金がショートしそうな場面で利用されるものですから同列に括られる傾向があるのです。

 

 

また、資金調達したい場面が、2つの立場では違います。多くの企業は、取引先の支払いサイトが長過ぎることで資金不足に陥り、手形割引を使って資金を回します。従業員の給料を用意するのに現金化できていない手形では、どうしようもないからです。

 

 

しかし、現在はファクタリングを使えば、手形割引と比べて余計なコストもカットでき、代金を手当てできます。このメリットが理解されるようになり、ファクタリングの利用者が増えているわけです。

 

 

安易な資金調達が仇となる慢性的な資金不足

 

いっぽうでビジネスローンを使う人は、慢性的な資金不足に陥っている方が多く見受けられます。それは、手形割引を使ったりファクタリングを導入したりしても追いつかないほど、資金に飢えている状態といっても良いでしょう。

 

 

もちろん、このような状況でも、キャッシュの流れを良くするために、ファクタリングの導入は効果的です。また、ファクタリングは借金ではありませんから、あなたと言うより、取引先の信用度を重視します。つまり、極端な例を除きますが、税金を滞納しているとか、社会保険を滞納しているなどと言ったマイナス要素があっても、実行される可能性があるのがファクタリングなのです。

 

 

ただ、取引先の支払いサイトだけが、資金調達したい理由ではないとしたら(もっと根深いところに理由があるとしたら)、安易な資金調達が仇となることも考えねばならないでしょう。結局、業績不振の原因は、仕事自体に隠れているはずです。

 

 

業種問わず利用できるビジネスローンと業種を選ぶファクタリング

 

ファクタリングとビジネスローンでは、資金調達したい場面が決定的に違うことを説明しました。最後に、ビジネスローンとファクタリングでは、関わっている業種によっても違いがあるということお伝えしましょう。

 

 

つまりビジネスローンは、業種を問わず利用できるのですが、ファクタリングになると、提示できる売掛金(売掛債権)がない業種は使えないということです。

 

 

たとえば、飲食業や小売業ではBtoBの商売をしていませんから、売掛金や売掛債権という言葉さえ知らないという方もいるかも知れません。売掛金が発生しない会社は少ないと思うかもしれませんが、一般消費者向けのお店を経営している事業者にとっては、売掛金という言葉も知らず商売を続けている方もいます。そうした方は、ファクタリングを活用したくてもできないのです。

 

 

また、個人事業主に多いのですが、売掛金のようなものがあっても、それを証明できる書類(発注書、納品書、請求書)がなければ、ファクタリングで使う売掛金を証明できません。もしファクタリングを活用したい場合は、必要な書類を日ごろから準備出来るようにしておくことが大切です。

こんなにも違う!ファクタリングとビジネスローン こんなにも違う!ファクタリングとビジネスローン



こんなにも違う!ファクタリングとビジネスローン こんなにも違う!ファクタリングとビジネスローン