ファクタリングと手形取引の比較


「売掛金」などの言葉の意味

「ファクタリングとは売掛金や売掛債権をスピーディーに現金化できる仕組み」だと言いましたが、読者の中には「売掛金」や「売掛債権」という言葉も初めてという方もいるのではないでしょうか。

 

 

ここまで一気に話しを進めてきましたが、ファクタリングの理解をより深めてもらうため、あらためて「売掛金」や「売掛債権」とは何かを解説してみます。「何となくはわかる」と言う方も、一緒にご覧下さい。

 

 

「売掛金」と「売掛債権」とは何か

 

「売掛金」とは、帳簿上の未集金の項目のことで、商品やサービスが納品されてはいるが、その代金は未回収という状態を言います。

 

 

基本的には、企業の信用で将来の現金の受取りは担保され、その意味では支払いを約束した正常な取引です。また、企業間の商取引では、便宜上、納品直後から「売掛金」が発生するのが普通です。未集金項目であっても特に危険だと見るものではありません。

 

 

つぎに「売掛債権」ですが、こちらは「売掛金」を受領できる・請求できる権利のこと。

 

 

「売掛債権」は、商品・サービスを取引先に売った企業に存在する権利です。この権利を中心に債権者や債務者が存在します。言うまでもなく、商品・サービスを取引先に売った企業がこの場合の債権者となります。

 

 

まとめますと、「売掛金」は未集金項目。そして「売掛債権」は「売掛金」を受領できる権利です。また言い換えれば、「売掛金」とは「商品の代金」のことであり、「売掛債権」とは「数ヶ月後に入金される収入」となります。

 

 

「売掛金」と「売掛債権」。実際には、ほとんど同じ意味で使われている

 

なお、「売掛金」と「売掛債権」は、売り上げそのものと、これを受け取る権利のことですが、実際には、このふたつはほとんど同じ意味として使われています。

 

 

たとえば、ファクタリングを説明するとき、「売掛金」をファクターに買取っておらうなどと説明する場合もあれば、「売掛債権」をファクターに買取っておらうなどと説明することもあると言うことです。

 

 

結局、厳密には違うふたつを、同じ場面で使っているのですから、ある意味、いい加減なものです。

 

 

「受取手形」とは何と言う質問もあるのですが、ここでは混乱するので深くは取り上げません。ただ、「売掛金」と区別して使うことが多く、債権を手形で保有していれば「受取手形」、そうでない場合が「売掛金」となります。

 

 

手形を現金化した場合とファクタリングで現金化した場合の違い

 

最後に手形を現金化した場合とファクタリングで現金化した場合の違いについて見ていきます。双方の違いがよく分かると思います。

 

 

手形を現金化する場合

 

条件を「当月末締め、翌月末払い、手形決済期日は手形交付から90日後」とし、商品の納品日は9月中とします。

 

 

手形取引では、翌月末払いとなっているため、10月31日には現金ではなく手形が振出されます。ただし、実際に手形を現金に換金するには、さらに90日かかります。

 

 

ただそれでは資金繰りで困ることもありますので、少しでも早く現金化したい場合は手形割引を使います。ただ、そのためには手形現物を銀行に持ち込まなければならず、その上、手数料も差し引かれることになります。

 

 

手形取引は、銀行に行く手間や領収証のほか、印紙代、取立手数料なども必要となります。ほかにも目に見えない作業コストを考えると、紙の手形はいまの時代には高コスト過ぎます。

 

 

ファクタリングで現金化する場合

 

条件は同じで「当月末締め、翌月末払い、代金支払日から90日間が期日前払の可能期間」、商品の納品日は9月中です。

 

 

ファクタリングでは、10月31日には代金を受取れます(御社の指定口座に振込まれます)。ファクタリングを採用することで、債権の回収期日まで現金化できない売掛金や受取手形も現金化できるわけです。

 

 

しかし手形も同じで、割引を使えば現金には換えられます。ただ、手形割引は高コストで割引手数料もかかってきます。

 

 

ファクタリングも手数料はかかります。ただし、手数料の金額も手形の割引よりは少なく済みます。それに何と言っても、銀行に出向く手間も省けます。

 

 

いっぽう、取引先企業が支払う売掛金は、手形取引の時と同じで、納品があった翌月末から90日後にファクターへ支払えば良いのです。ファクタリングにすれば、紙の手形では掛かっていた、印紙代をはじめとする事務コストもなくなります。

 

 

こうして比較してみると、ファクタリングに換えたほうが、コストの面でもいかにラクかがわかると思います。

ファクタリングと手形取引の比較 ファクタリングと手形取引の比較



ファクタリングと手形取引の比較 ファクタリングと手形取引の比較