売掛債権でスピーディーに現金化できる「ファクタリング」とは?


ファクタリングという言葉をご存知でしょうか?

みなさんは、ファクタリングという言葉を聞いたことがありますか? ファクタリングとは、企業間のお金の決済方法のひとつであり、資金調達方法のひとつです。ファクタリングは第三者を間に挟むことで、従来あった手形取引より一歩進んだ資金調達方法として注目されています。

 

 

ここでは、ファクタリングとはどういうものかを、できるだけ噛み砕いて解説しています。まずは、ファクタリングによって、売掛債権が早期に現金化できる仕組みを中心に見ていきたいと思います。

 

 

ファクタリングとは一体何のこと?

 

これを読んでいる方は、ファクタリングという言葉が何を意味するのか大体分かっているではと思いますが、復習の意味もありますのでしばらくお付き合い下さい。

 

 

そもそもファクタリングとは、企業の資金調達の方法です。ただ、日本では長くバブル期まで、企業の資金調達方法としては、当座預金口座を開設して手形取引というのが一般的でした。

 

 

いっぽうで、米国で開発されたファクタリングの歴史は古く、欧米では中小企業の資金調達手段として、不動産担保融資より一般的な方法になっています。もう少しタイミング良く、日本でもファクタリングが浸透していたなら、企業の倒産状況も変わっていたかも知れません。

 

 

ファクタリングを使うと売掛債権が手早くに現金化できる

 

前置きはこのぐらいにして、ファクタリングの意味、仕組みについて解説してみましょう。

 

 

ファクタリングとは、わかりやすく言うと、ファクター(ファクタリング会社のこと)が企業の売掛金を買取ることで、企業に資金を早期に提供する金融サービスです。

 

 

ファクタリングを端的に言い表すとするなら「売掛債権を買取り、債権者に対して買取代金を提供するサービス」と言っても良いでしょう。そして、取引先の債権回収や与信管理といった一連の業務もファクターに代行させます。

 

 

ファクタリングを使うと、当然ながら手数料がかかります。そして、その手数料は債権の買取代金から差し引かれます。そのため、ファクタリングは商品代金が満額受領できないという面もあります。ただ、それでも、ファクタリングを選択するメリットはあります。

 

 

メリット・デメリットは、別の項でまとめますが、ひとつ言えるのは、ファクタリングは、手形取引より早期かつリ−ズナブルに債権を資金化できます。

 

 

たとえば、手形割引は支払期日に銀行まで持ち込まなければ現金には代えられませんが、ファクタリングの場合は、ざわざ銀行に出向かなくても支払期日には口座にて現金を受取れます。

 

 

また、ファクタリングは手形同様に手数料がかかりますが、一般的には手形のほうが割引にかかる手数料は高くなります。売掛債権が早期に現金化できるメリットというのは、こういうことなのです。

 

 

売掛債権が現金化されるまでの流れ

 

売掛債権を現金化するまで、ファクタリングはどのように進めていけば良いか、順番を追ってみましょう。

 

A社=債権者
B社=債務者=売掛先
ファクタリング会社、ファクター

 

1)A社の商品やサービスがB社に納品されて売掛金が発生する

2)A社からB社(またはその逆)にファクタリング契約の打診をする

3)A社(B社)・ファクターとファクタリング契約

4)A社・B社とのファクタリング契約

5)A社とB社で請求金額の確認

6)ファクターへ請求金額の通知

7)ファクターはA社から売掛債権を買取る

8)ファクターはA社に債権買取金額を支払う

9)B社からファクターあてに売掛金が支払われる

 

当然のことながら、ファクターが売掛金を買取る形式のファクタリングを採用する場合は、A社とB社は共にオープンな立場でファクタリングを利用することに同意し、契約することが大前提となります。(一部の会社では、B社を除く2社間で行なうファクタリングもあるようです)

売掛債権でスピーディーに現金化できる「ファクタリング」とは? 売掛債権でスピーディーに現金化できる「ファクタリング」とは?



売掛債権でスピーディーに現金化できる「ファクタリング」とは? 売掛債権でスピーディーに現金化できる「ファクタリング」とは?